今月のゲスト | 下北沢一龍へ行こう!

下北沢にあります中華そば専門店「一龍」に友人、知人、初めて会う人誰でも招いてラーメンを一杯食べていただき感想文を頂戴する企画。
2002,09 響さん
2002,09 響さん<<一流感想文>> ←意味がすりかわっている。

「いや〜。マジでうまいわ、このラーメン!」。
池ポンから今月のゲストになってね。と言われて
「そんなに気の利いたこと書けへんで〜」
(わたい、味にうるさい大阪人だす。)
と言ってゲストになったが、不覚にも最初に発した言葉がこの一言だ。

実は、もっぱらうどん派の私は、ラーメンにそれほど興味がない。というか、大阪の「うどん」ほどおいしいラーメンを出してくれるお店なんて知らんのです。

お店に入って、池ポンがママさんとおしゃべりしている間、
「どれ食べようかなー♪」とメニューを見る。
池ポンはすかさず私を指して「この人中華ね!」
するとママさん、すかさず、「はい、中華いっちょー」

エ、エエー、なんちゅうコンビやねん。
私、何も言うとらんがな。


そんなこんな言うてる間に中華登場。


「池ポン、コショウかけていい?」


「だめ!」


エ、エエー。あかんのかいな!ほな、そのまま食べるわ。

ズ、ズズ、ズズズ。

うーん、マンダム。
おいしかったわ、一龍の中華。麺の味がいい。
スープのコクもある。チャーシューだって、メンマだってしっかりそれぞれの味がしてたし。
これで550円はもってけドロボー状態なんとちゃう?っていうくらいおいしかった。

私の中ではNYバッファローの「バッファローチキンウィング」(ローカル過ぎ?)に続いて2つ目の料理かもね。また、食べたい!と思ったのは。

お店の中も(開店して18年って言ってましたっけ?)昔ながらのテーブルに固定丸椅子。
これがええのや!ラーメン屋きてラーメン食べてるでぇ、という感じがするやん。
それにこの18年間で料金が変わったのが消費税5%になったとき1回だけだって。
この心意気が憎憎しい。思わず応援したくなる。


次回は、まゆみちゃんが食べていた「にんにくラーメン」に挑戦しよ。でも「翌日デートがない」という日にね。イヤーン、そんな日あったっけ?(←嘘っぱち)



| 2002,09 響さん | 19:31 | comments(0) | trackbacks(0) |
CATEGORIES
モバイル
qrcode
LINKS
PROFILE