今月のゲスト | 下北沢一龍へ行こう!

下北沢にあります中華そば専門店「一龍」に友人、知人、初めて会う人誰でも招いてラーメンを一杯食べていただき感想文を頂戴する企画。
2003,06 トシちゃん
トシちゃん「お前はラーメンを何も分かってない!!お前にほんとのラーメンを教えてやる。」
と、いかにも俺様はラーメン通だと言わんばかりの(2002/03ゲスト登場のかずさん)の極秘命令により一龍に行く為だけにカンタス航空21便日本行きのチケットを取らされシドニーより日本に帰国!!

冒頭にあったように、本当に私はラーメンについて何も知らないのです!
近年日本は聖子ちゃんカットかたまごっちかラーメンかと言われるぐらい空前のブームになっているとの事??しかし私には一切興味がないのです。
ラーメンが好きか?と言われればもちろん「YES」ですがっていうか!どのラーメンを食べてもおいしく感じるのでオーストラリアのラーメンでも十分なのです。そして私は大のご飯好き!なので麺類がこの世になくてもなんら問題がない人間なのです。

しかしある日を境にラーメンがちょっとだけに気になる食べ物になるのです。

あれはさかのぼる事半年前ぐらいの事2002/03ゲスト登場のかずさん2001/10(2)ゲスト登場のしんちゃん2001/10(1)にゲスト登場のホッタさんと、かずさんのオフィスでの宴会での事・・・

いい感じでみんな酔っ払っており何時の間にやらラーメン話で大盛り上がり!!そこであそこのラーメンが良いだの、いやこっちのラーメンがどーだの大の大人がラーメンについて唾を飛ばしながら語っているのです!
そんな話を聞いていると少しだけラーメンの奥の深さが分かり興味がでてきたのです。
そしてみんなが口を揃えて言うのは一龍のラーメンはそーとーやばい!!マジうまいと言うのです!そして何時しか私も何時か一龍のラーメンを食べたいと思うようになったのです。

そして日本に到着し一龍とのガチンコ勝負まで一週間ほどあったのでみんなが美味いというラーメン店を回りました(東京都内を)。実際本当に美味しかったし満足できました。
しかし感動したり寝る前に思い出したりするまではいかなかったです。(ちなみに今回の帰国でご飯系だったら天やの穴子丼が寝る前に蘇ってきます)

そしてとうとう一龍へ池ポンさんとの初対面に加え、一龍ファンクラブのかずさんアンド2001/07ゲスト登場のマッキーと共にいざ一龍へ!


門構えは特に「ここが有名な一龍です!いつも行列ができてまっせー!」といった感じではなく、ごく一般的なラーメン屋といった感じ!カウンターしかなくどちらかというとこじんまりしていた。

席に座り一龍についての熱いトークを交わしたあと、さー何を頼もうと思いきや池ポンさんより初めての方は中華そばのみとの命令!!私としてはメンマとにんにくとチャーシューと大盛りにして餃子とって考えていたのですが??
そして待つこと数分!来ました中華そば!!!噂には聞いていたがホントにスープが金色なのです!!しかし見た目は至ってシンプル!質より量の私はホントに満足できるか不安でした!!
そしてまずは知ったかぶって匂いから!!うーん!!ワンダホ-!!とてもいい匂い!
匂いだけでホントにうまいぞ絶対っと思いました!そしてとうとう一龍ちゃんを口の中へ!!スープをゴクリ???!!う?う!う・う・うまーい!ほんとにうまい!
ラーメン通ではないのでこれが鶏がらなのか?豚なのか??とかそんな事は分からないけどマジうまい!これぞらーめんって感じです!たぶんこれは醤油だと思います。こってりし過ぎず、あっさりし過ぎず!感想はシンプルだけどシンプルじゃなく超味わい深いって感じで!ほんとうまいっす!
そして麺ですがこれは細麺っていうのだと思うがスープと絡まって超やばい!!そして紅しょうがまたいいんだよ!絶対!


説明しよう!わたしトシより美味しい!!うま〜い!!との言葉を発する場合は腹一杯になってそして初めて発されるものなのだ!!以上


しかし、一龍のラーメンには参った!!最初から最後まで美味しいの連発!


チャーシューと合わせて食べるとまたまたやばい!!


ほんとにうまかった勿論スープも全部飲んだし!隣のかずさんのもちょっとつまみ食いしてほんと満足!!


一龍を食べて初めてラーメンの凄さが分かったって感じです。しかしそれに初めて気が付いた時既に最高のラーメンを見つけてしまった自分はラッキーです!
マスターホントにご馳走様でした!また日本に帰った時は絶対に行きます!!しかもフルコースで!!
そして池ポンさんこんなおいしいラーメンを教えてくれて有難うございます!!
シドニーに是非遊びに来てください!!

トシ

| 2003,06 トシちゃん | 10:30 | comments(0) | trackbacks(0) |
CATEGORIES
モバイル
qrcode
LINKS
PROFILE