今月のゲスト | 下北沢一龍へ行こう!

下北沢にあります中華そば専門店「一龍」に友人、知人、初めて会う人誰でも招いてラーメンを一杯食べていただき感想文を頂戴する企画。
2004,01 一太郎君
一太郎君新年明けましておめでとうございます。

今年も一龍の洋子ママ、お父さん。どうぞよろしくお願いします。
また美味しい中華そばを食べさせて下さい。

それにしても一龍の中華そばはめちゃくちゃ美味い。
値段もなんと一杯550円と安い。
そして、もやし、メンマ、チャーシュー、僕が大好きな紅ショウガがトッピングしてあって、紅ショウガとスープと麺を一緒に食べるともう最高ー。
麺を食べる前にまずは、口慣らしにスープを一口飲んだ食感がこりやまたタマラナイ。
いつもこんな感じで僕は中華そば大盛りを頼んで食べてます。

そもそも一龍との出会いはちょうど今から一年前にさかのぼる。

ある日俺の大学の友達の健ちゃんと二人で下北の町をブラブラしながら服を買ったりして歩いているうちに腹が減ったなー。
といって立ち寄ったのが始まり。
最初店の、のれんをくぐると洋子ママにいらっしゃいませと言われ、カウンターに腰掛けると洋子ママに、
「ちょっと腕が痛いからテーブルをふいて。」
と言われ、僕も言われたままに、
「はい。」
と言ってテーブルをふいた事がきっかけで、洋子ママとお父さんと話が盛り上がったのでした。今ではアパートも近いこともあってか週に三回は行く僕です。

洋子ママは、とにかくもの凄く陽気で思いありがあって僕にとっては東京の母親、いや日本の母さん的存在です。
やっぱり一龍中華の味の秘密にはこういった洋子ママやお父さんの愛情がたっぷり入っているから美味いのではと僕はにやけます。

洋子ママやお父さんの働く姿を見ているといつまでも二人の元気で楽しく働く風景、人情みあふれる風景はこの先も変わらず下北沢にあってほしいと思います。

一太郎

| 2004,01 一太郎君 | 11:45 | comments(0) | trackbacks(0) |
CATEGORIES
モバイル
qrcode
LINKS
PROFILE