今月のゲスト | 下北沢一龍へ行こう!

下北沢にあります中華そば専門店「一龍」に友人、知人、初めて会う人誰でも招いてラーメンを一杯食べていただき感想文を頂戴する企画。
2006,06 アーサーさん
アーサーさん下北沢の駅前で待ち合わせ。駅から細い道を進むと色々な店が軒を連ね、その中の一つに一龍があった。


入ってみるとそこはこれぞラーメン屋といった感じのするカウンターだけのお店。

メニューは「中華そば」と、後はそれにトッピングが加わった数種類だけ。スープは一種類しかねぇぞ、といった心意気が感じられる。


“中華そば”を注文する。
目の前に運ばれスープの色を見ると、なるほどこれが噂の黄金のスープか、と納得させられる。


頂きますと合掌し、まずはスープから頂く。
豚骨の臭みやこってりした感じは無く、コクがありまろやか。
そこに鶏ガラ醤油のせいか昔ながらといった感じが混ざり合い新しい味わいがした。

大変飲みやすいスープで、沈黙しつつあーだこーだ考えている内に全て食べ尽くしスープまで飲み干してしまい、食べ終えた時、もう一杯!と言いたくなった。

飽きさせずまた食べたいと思わせるラーメン、それが一龍のラーメンなのだ。

途中、女性が一人で店に入ってきたが、それも頷ける。
女性に好まれる店、そしてラーメンとはこういうものなのかと考えさせられた。
また、十分にチャーシューが入っていて、600円と良心的なお値段は嬉しい。


親しみやすい感じのオヤジさんに、笑顔の素敵なお姉さん、水が無くなればこちらが言わずともさりげなく追加してくれるサービスなど、ラーメンも然る事ながら店の雰囲気もとても良く、人気の理由はそこにもあると感じた。

是非とも私の地元に一軒欲しい店である。
あれば、ことあるごとに食べに行ってしまうだろう。


あーさー

| 2006,06 アーサーさん | 18:17 | comments(0) | trackbacks(0) |
CATEGORIES
モバイル
qrcode
LINKS
PROFILE