今月のゲスト | 下北沢一龍へ行こう!

下北沢にあります中華そば専門店「一龍」に友人、知人、初めて会う人誰でも招いてラーメンを一杯食べていただき感想文を頂戴する企画。
2006,11 サトリエさん
サトリエさん◆ シモキタ ラーメン ◆

シモキタ・・・・下北沢。

10/12(木)
17:55 下北沢 北口ampm前 到着。

ヒト・・・いっぱい。
セカンドショップ・・・いっぱい。
雑貨屋・・・いっぱい。
ラーメン屋・・・いっぱい。

18:15 『一龍』まで 徒歩3分。

『一龍』到着。白地に赤文字の一龍の暖簾をくぐる。
カウンターにマスターと女の子。お客さんゼロ。
もしかして・・・
「麺が終わるとお店終わりなんだよね」って聞いてた。
え〜まさか!?
  ・
  ・
  ・
「はじめは中華そばね」って声が。

      ホッ。


待つこと数分。

中華そばが目の前に登場。
第一印象『黄色』
とりあえずスープを一口。
こってり?あっさり?
・・・・?


もう一口、もう一口、もう一口、、、
(何か新しい世界)

麺に箸をのばす。
5本くらいを一気に口の中に・・。
麺は太いのか、細いのか・・・。
ワタシが好きなのはちぢれ細めん、カタメ。
けど、ちぢれ中麺。
もやし、玉葱、紅生姜、チャーシューを口の中に。

最後は全部纏めて一気に口に。

スープはこってりであり、さっぱり。
豚骨、鶏の合わさり感が絶妙のバランス。
麺は中太でうまくスープが絡まっている。
麺のもっちり感、口当たり、のど越し(いいのかなこの表現)Good。
量は多くも無く、少なくも無く、絶妙な量が野菜によって調っている感じ。
スープまできれいに頂きました。


もうちょっと食べたい・・・けど、ここでひかねば。(とっ、天の声が)
これが後のビールを美味しく飲む法則。
ありきたりだけど、美味しかった。
他に旨い言葉が見つからない。
気が付くとお客さんいっぱい。

18:45 『一龍』を出る。

 一杯の幸せに包まれながら歩く。


 いっぱいのラーメン屋の中の、一軒の美味しいラーメン屋。


 いっぱいの中から・・・何が探せるのか。


 好奇心の街シモキタ。


 最高の第一印象だ!!

新しい楽しみをくれた池ポン夫妻に感謝です。
ありがとう。


さとりえ

| 2006,11 サトリエさん | 18:37 | comments(0) | trackbacks(0) |
CATEGORIES
モバイル
qrcode
LINKS
PROFILE